読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の悩みの原因と対策

女性特有の悩みは、なかなか周囲に相談できないもの。そんな悩みを解決しましょう。

デリケートゾーンの臭い 解消方法

家族にも友達にも、なかなか相談することのできない悩みの

ひとつ。デリケートゾーンの臭いについて。

 

ふとした瞬間に臭ったり、トイレの後の臭いが気になったり、行列の公共のトイレって、個室を出た後にすぐ入ったり、入られたりするから、特に気になっちゃいますよね。

 

▶そもそも、臭いの原因って何?

雑菌から排出される老廃物が原因!

もともと存在している雑菌が栄養を吸収し繁殖します。

どんどん繁殖すれば、老廃物の増え、臭いのもとが増えていきます。

 

▶雑菌の栄養源って?

雑菌の栄養となるのは、からだから出る、汗や経血、垢やおりものなど、さまざま。特に雑菌が好むのは、たんぱく質豊富な「おりもの」だそう。

 

▶雑菌の繁殖に好条件

デリケートゾーンは、栄養豊富に加え、高温・多湿で繁殖には好条件の場所。

高温・多湿の改善としては、例えば、おりものシートをしない、ガードルなどは履かず、極力通気性のいい環境を作ってあげることが大切です。

 

▶対策と解消方法

一番は何といっても清潔に保つこと!

その名の通り、皮膚は薄くデリケートな部分。しっかりと泡立てた泡で、指の腹を使い丁寧に洗いましょう。

ただ、一般的なボディーソープには、界面活性剤を使用していて、デリケートな肌には、あまり優しいものではありません。

それだけではなく、洗浄力も強いため、ゴシゴシと洗ってしまうと、炎症が起きたり、皮膚を守っている常在菌まで洗い流してしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい逆効果です。

是非、専用のソープを使用することをおススメします。

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
  アットコスメ楽天で1位獲得した噂のペマエンジェル レディハート
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

気になる「デリケートゾーンのにおい」にお悩みのあなたへ
「もっと彼に近づきたい!」これを使えば、もうためらう理由はありません!
大人の女性が選ぶデリケートゾーンケア石鹸
【ペマエンジェル レディハート】
→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NX5PD+EBLG76+3HZK+5YZ77

 

においが気になるからと言って、すぐに病気を疑う必要はありませんが、中には、病気のサインであることも。

おりものの量や匂い、色などに注意して見てみましょう。

 

 

 

卒乳後のおっぱいを戻す~ブラジャー編~

妊娠、出産をし、授乳をし続け、卒乳後におっぱいに変化を感じた方は、きっとたくさんいらっしゃいますよね。

 

皆さんおっぱご存知の通り、おっぱいは、母乳が作られると膨らみ吸われるとしぼむ、風船のようなもの。卒乳後は、その役割を終え、空気のない風船のような状態になってしまうことが多いそう。

 

そして、吸われていた分、乳首も伸びたり垂れ下がったりと、出産後の慌ただしさで、見てみないふりをしてきたけど、がっかりとした方も多いのでは…

 

でも、あきらめたり、落ち込む必要はありません!

 

▶変化したおっぱいにあったブラジャーを着けましょう。

産前に使用していたものに戻るのではなく、一度サイズを

測り直し、ジャストサイズのものを選び直しましょう。

 

f:id:kaiketubelog:20161024000121j:plain

とは言っても、小さくなってしまったり、形が崩れてしまったりしたおっぱいを、店員さんに測ってもらうのは…

抵抗がありますよね。

≪正しいサイズの測り方≫

◎トップバストを測る:

乳頭のある位置、一番膨らんでいる所を測ります。

大きい方や、少し垂れ始めた方は、しっかりと持ち上げた状態で測ります。ブラジャーを着けることで、持ち上がった状態になるからです。

◎アンダーバストを測る:

膨らみのすぐ下を測ります。

 

f:id:kaiketubelog:20161023232936j:plain

これを目安に、実際試着してみましょう。

チェックポイントは、しっかり自分の体にフィットしているかどうか。

腕を動かしたり、身体を左右にひねるなどしてもずれたりしないかをしっかり確認しましょう。

 

▶アンダーをきつくするのは、成長の妨げになります。

背中やワキのお肉を持ってきて、アンダーをきつく締めたくなる気持ちは、よくわかります。

でもこれは、間違った知識です。

結果的におっぱいは圧迫されることによって、ストレスがかかり、成長に必要な栄養が、行きわたりにくくなってしまうそう。

しっかり、おっぱいを育てましょう!

そして、大事な内臓にも負担がかかり、機能の低下に繋がってしまいます。

 

▶ちなみに肩紐は、指1本がすっと通るくらいがベストです。

短くするのは、背中が丸まってしまい、背中や腰の

筋肉が内側に丸まってしまいます。

それにより、バストアップのつもりで、短めにしたはずが

逆に垂れ下がる原因になってしまうので、肩紐の長さも

 しっかりと合った長さに調節しましょう。

肩紐は緩みやすいので、こまめに調整しましょう。

 

ブラジャーを見直すだけでも、だいぶ変わってきますね。

 

 

首のしわ

f:id:kaiketubelog:20161023223437j:plain

あるかないか、多いか少ないかで、見た目年齢の変わってくる『首のしわ』

顔のスキンケアばかりしていませんか?

顔は化粧などでごまかせても、首はなかなかそうはいきません。

加齢によりできてしまうのは、仕方ありませんが、知識を持ってちゃんとケアすれば、予防することもできます。

 

▶加齢以外にできる「首のしわ」の原因

◎高すぎる枕を使用していたり、仕事上デスクワークなどで、下を向く作業が多かったりと、首が曲がる姿勢を取ることが多いこと。

◎お肌と同じように乾燥によるもの、紫外線によるダメージによるもの。

 

▶できないために、増やさないために「首のしわ」対策

◎顔同様にしっかりとスキンケアを行いましょう。

同じもので、化粧水・美容液や乳液などを、そのまま首にもつけるのも良いですし、面倒な方は、首用にオールインワンゲルなどを準備しても良いかもしれませんね。

専用のネッククリームなども販売されているので、重点的にしっかりケアしたいという方は是非。

 

◎リンパマッサージやストレッチも効果的です。

首や耳の下周りには、リンパの流れに効くツボが多く存在します。

丁寧にマッサージをして老廃物を出しましょう!

【リンパマッサージの仕方】

①入浴後に、たっぷりのクリームやローションを首にぬります。

②耳下腺(両耳の下)を中指で優しく押します。

③そのまま耳から首へ首から鎖骨へ、老廃物を出すような

イメージで流していきます。

④鎖骨のしたを手のひら(指4本)でワキの下にあるリンパ節へ向かい流していきます。

※首には、大事な血管や神経が多いため、優しくマッサージしてください。さする程度の力でも、十分流れていくそうです。

 

【ストレッチ】

①真っすぐ正面を向いた状態から、ゆっくりと真上に向かって顔を動かします。

②真上を向いたら、下唇と上唇を上に向かって突き出します。首の筋肉に効いているのがわかりますよね。

③この状態で5秒数え、ゆっくりと戻します。

※3セットくらいが良いようです。

首のストレッチは、広頚筋(こうけいきん)を鍛えます。衰えると、顎下のたるみや、二重顎のなどにも繋がります。すっきりしたフェイスラインを保ちたいですよね。

 

毛髪の乾かし方

正しい方法でシャンプーやコンディショナーなどを行い、

後は毛髪を乾かしますよね。

自然乾燥の方もいるかもしれませんが、せっかくのケアが、毛髪が濡れたままでは、頭皮の雑菌なども繁殖しやすい状態にあり、摩擦でキューティクル開いた状態で、水分が出て行ってしまいます。

 

頭皮の体温が下がるのも、血行が悪くなってしまうので、

できるだけ早く乾かすのが良いでしょう。

 

【正しいタオルドライの方法】

お風呂場で、できるだけの水分は落とします。

時間は少しかかりますが、しっかり行うのが効果的です。

毛髪をこするのは厳禁です。タオルで毛髪をしっかり包み

軽くポンポンと水分を取りましょう。

頭皮も傷つけないように、ゆっくりタオルを動かしながら、軽くポンポンと優しくです。

 

f:id:kaiketubelog:20161017130155j:plain

【ドライヤーでの正しい乾かし方】

毛先は痛みやすく、乾きやすいため、頭皮に近い根元から乾かしていきます。毛髪を内側から持ち上げ、乾かしていくと良いでしょう。

20cmほど離して、1カ所にあてずに、手首を使い左右にドライヤーを動かしながら乾かしていきます。

8割方乾いてきたら、冷風に切り替えると、キューティクルが収縮して、つやのあるサラサラ髪に仕上がります。

 

 

 

 

コンディショナー・トリートメントの正しい使い方

 

正しいシャンプーの方法を調べていたら、その後にほとんどの方が使われる、コンディショナーやトリートメントなどの

正しい使い方が気になり、調べてみました。

 

まずは、シャンプー後に使われる一般的なもの「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」「ヘアパック」

普段は、リンス、コンディショナーを使い、週何回かトリートメントやヘアパックを使う…そんなイメージをお持ちではないでしょうか?

 

▶4つの効果の違い

 

◎リンス:シャンプーの後のきしみを防ぐのが、主な効果。髪の表面を油分でカバー、手触りをよくしてくれますが、毛髪の中内部へは浸透しません。

 

◎コンディショナー:名の通り、毛髪のコンディションを

 整えます。リンスの効果に加え、少しだけ内部に浸透します。

なので、この2つは、つけた後に時間をおいても、なんの効果も得られないということになります。

 

◎トリートメント:上の2つと違い、内部から補修するもの。トリートメントは時間をかけながら、効果を発揮するため、つけた後は時間を置くのが効果的です。

 

◎ヘアパック:ほぼトリートメントと効果は同じ。トリートメントより、有効成分が多く含まれ、補修のスピードが早くなるため、ダメージが強い時におすすめ。

 

▶4つの使い方

普段は、シャンプー後にリンスまたはコンディショナー

週に1~2回ほど、トリートメントやヘアパックに変えて使うのが一般的。

毎日、トリートメントでも問題ないんだそう。

そして、シャンプー後に内部を補修(トリートメントやヘアパック)し、その後表面を保護(リンスやコンディショナー)がより効果的。

 

▶つけ方と流し方

毛穴に油分が付着すると、毛穴詰まりの原因になり、

かゆみや抜け毛、フケなどにつながります。

なるべく頭皮につかないように、毛髪になじませ、しっかり流しましょう。しっかり流さないと、抜け毛が増える原因になります。

 

つけすぎも厳禁です。たっぷりつけても、効果があがるわけではありません。

 

リンス、コンディショナーは、少量を毛先に重点的につけ、その後全体的に。時間を置かずにすぐに流します。

 

トリートメントやヘアパックは、適量を毛先からつけ、よく馴染ませます。目の細かいコームで、根元付近からとかすと、より浸透し効果が期待できます。時間を置き、よく流します。

 

蒸しタオルを巻き時間を置くのも効果的です。

10分くらいで、十分効果が得られます。

 

※流したあとは、背中や顔などに残らないように、必ず洗い流しましょう。

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+601S1" target="_blank">
<img border="0" width="250" height="250" alt="" src="https://www22.a8.net/svt/bgt?aid=161013161294&wid=001&eno=01&mid=s00000014471001008000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+601S1" alt="">

余談≪トリートメントの選び方≫

 いろいろなものがあって、迷いますよね。

製品により、うたっている効果は様々。

迷ったら、使っているシャンプーと同じシリーズのものを。

開発する際には、セットで使うことを前提にしているそう。

他には、頭皮がべたついているようなら、「さらさら」

乾燥していたり毛髪のパサつきが気になるようなら、「しっとり」など選んでみてください。

 

 <a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+639IQ" target="_blank">30代~40代の女性のための頭皮ケアシャンプー</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+639IQ" alt="">

頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみが、気になりませんか?

時期的な乾燥によるものなのか、何かできものでもできているのか…

 

まずは、かゆみの原因のほとんどは、

『雑菌が繁殖することにより、炎症が起きかゆみを感じる』こと。

≪雑菌が繁殖する主な原因≫

▶皮膚の中でも、頭皮はデリケートな部分。その頭皮が傷つくと、炎症を起こす。

間違ったシャンプーの方法で、簡単に頭皮が傷ついてしまします。

f:id:kaiketubelog:20161015121240j:plain

 

◎爪を立てて、ゴシゴシと洗っていませんか?

指の腹で優しく洗いましょう。汚れや匂いは、泡で落とします。髪をこするのは避けましょう。

◎熱いお湯で洗っていませんか?

皮脂を溶かすのにベストな温度は、38度だそう。

40度以上のお湯で流すと、頭皮が軽度なやけどを負った状態になり、そこからもかゆみを感じることがあります。

◎しっかりすすいでいますか?

シャンプーのすすぎ残しは、それだけでも炎症を引き起こす原因に。特に皮脂が多いと言われる、頭頂部や前頭部、

汚れが残りやすい耳周辺なども、しっかりすすぎましょう。3分程、しっかり洗い流すのが、すすぎ残しをなくす目安です。

◎シャンプーの原液を、髪の毛で泡立てていませんか?

原液が頭皮の毛穴に入り込んでしまうと、きれいに洗いながせなくなってしまいます。それにより、炎症を起こしなりしてしまうので、しっかり泡立ててから、髪につけましょう。

汚れや匂いは、泡で落とします。

シャンプー方法の改善によって、かゆみの原因はだいぶ改善されるはずです。

 

f:id:kaiketubelog:20161015121249j:plain

他にも

■フケや、毛虱などの病気によるもの。

■ストレス、疲れや睡眠不足などによるもの。

■栄養バランスの悪い食生活。

などがあり、頭皮のかゆみに限らず、いろいろな不調の原因になります。

 

 正しいシャンプーの方法は、「女性の抜け毛」記事でもご紹介しております。

 

 

女性の抜け毛

【女性の抜け毛の特徴】

M型や、頭頂部などから薄くなっていく男性の薄毛に対して、女性は生えている面積が縮小していくのではなく、全体的にボリュームが減っていくそう。

 

f:id:kaiketubelog:20161013231816j:plain

【抜け毛の原因】

◎加齢によるもの

やはり歳を重ねると、大事ないろいろなものが減少します。

いらないものばかり増え、必要なものがどんどん減っていってしまうのは、しょうがないこと。

でも、ある程度の知識と、少しの手間で、減ってしまうものを補えたり、生き生きとしていられたらいいですよね。

 

◎産後によるもの

出産を経験されている方なら、産後の抜け様にビックリされたことがある方も多いのでは。

妊娠、出産はいろんな部分が、普段とは違ってきます。

◎生活習慣の乱れによるもの

抜け毛に限らず、生活習慣が乱れると、いろんなトラブルを引き起こします。

▶アルコールの過剰摂取や喫煙

▶無理なダイエット

▶睡眠不足やストレスの溜め込み

髪でもご紹介したように、血流が悪くなると頭部までに

十分な栄養が届かず、発毛にも影響してきます。

◎ケア不足によるもの

繰り返し行うパーマやカラーなども抜け毛の原因になります。

◎紫外線のダメージによるもの

紫外線は、細胞にまで悪影響を与えます。

 

【抜け毛の予防と改善】

▶まずは日々のシャンプー方法の見直しを

正しいシャンプー法を身に付け、自分でできるヘッドマッサージをする。

≪正しいシャンプー方法≫

①シャンプーをしっかりと泡立てる。そのまま付け、髪の毛 で泡立てるのはNG!

②頭皮を洗う。マッサージするように、指の腹を使い、泡を毛穴にしっかりと浸透させるように、やさしく丁寧に。

下から上へ、流れに逆らって洗うと、泡がしっかり行きわたるそう。流す時も下から上へ。そうすれば、シャンプー残りも防げるそう。残さずきれいに流してくださいね。

必要な皮脂まで洗い流されてしまうため、1日1回がベスト。

 

≪シャンプー選び≫

頭皮にやさしいと言われるのが、アミノ酸系のシャンプー。

■リマーユヘアケアシャンプー

■ハーブガーデン

■haru黒髪スカルプ・プロ

■Raffiシャンプー

などが、口コミなどの評価も高く、効果を実感している方も多いようです。

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     10年後も美しい黒髪でいるために【黒髪スカルプ・プロ】
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


黒髪スカルプ・プロ100%天然由来にこだわって作った頭皮ケアシャンプーです。
頭皮や髪に刺激の強い、シリコン、カチオン活性剤、石油系界面活性剤、合成香料、
合成着色料は一切配合しない!
3種類のアミノ酸系の洗浄剤を配合しているから泡立ちも泡切れも良く、
傷みやすい髪をやさしくしっとり洗い上げます。

10年後も美しい黒髪でいるために今から始めましょう!

一度使ってみればその良さがわかるはずです。


→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NV2JT+4V1I6A+33NQ+63WO3

 

 

≪タオルドライ&自然乾燥≫

自然乾燥するなら、タオルドライ後。乾燥のもとになり、角質を痛める原因にもなります。

▶正しいタオルドライ法&ドライヤー

✖ごしごしこすらない。

✖近いドライヤー

ドライヤーをかける時は、大体15cmは離し使用しましょう。同じ場所には2秒以上当てないように、ドライヤーを動かしながら乾かしていきます。