読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の悩みの原因と対策

女性特有の悩みは、なかなか周囲に相談できないもの。そんな悩みを解決しましょう。

コンディショナー・トリートメントの正しい使い方

髪の悩み

 

正しいシャンプーの方法を調べていたら、その後にほとんどの方が使われる、コンディショナーやトリートメントなどの

正しい使い方が気になり、調べてみました。

 

まずは、シャンプー後に使われる一般的なもの「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」「ヘアパック」

普段は、リンス、コンディショナーを使い、週何回かトリートメントやヘアパックを使う…そんなイメージをお持ちではないでしょうか?

 

▶4つの効果の違い

 

◎リンス:シャンプーの後のきしみを防ぐのが、主な効果。髪の表面を油分でカバー、手触りをよくしてくれますが、毛髪の中内部へは浸透しません。

 

◎コンディショナー:名の通り、毛髪のコンディションを

 整えます。リンスの効果に加え、少しだけ内部に浸透します。

なので、この2つは、つけた後に時間をおいても、なんの効果も得られないということになります。

 

◎トリートメント:上の2つと違い、内部から補修するもの。トリートメントは時間をかけながら、効果を発揮するため、つけた後は時間を置くのが効果的です。

 

◎ヘアパック:ほぼトリートメントと効果は同じ。トリートメントより、有効成分が多く含まれ、補修のスピードが早くなるため、ダメージが強い時におすすめ。

 

▶4つの使い方

普段は、シャンプー後にリンスまたはコンディショナー

週に1~2回ほど、トリートメントやヘアパックに変えて使うのが一般的。

毎日、トリートメントでも問題ないんだそう。

そして、シャンプー後に内部を補修(トリートメントやヘアパック)し、その後表面を保護(リンスやコンディショナー)がより効果的。

 

▶つけ方と流し方

毛穴に油分が付着すると、毛穴詰まりの原因になり、

かゆみや抜け毛、フケなどにつながります。

なるべく頭皮につかないように、毛髪になじませ、しっかり流しましょう。しっかり流さないと、抜け毛が増える原因になります。

 

つけすぎも厳禁です。たっぷりつけても、効果があがるわけではありません。

 

リンス、コンディショナーは、少量を毛先に重点的につけ、その後全体的に。時間を置かずにすぐに流します。

 

トリートメントやヘアパックは、適量を毛先からつけ、よく馴染ませます。目の細かいコームで、根元付近からとかすと、より浸透し効果が期待できます。時間を置き、よく流します。

 

蒸しタオルを巻き時間を置くのも効果的です。

10分くらいで、十分効果が得られます。

 

※流したあとは、背中や顔などに残らないように、必ず洗い流しましょう。

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+601S1" target="_blank">
<img border="0" width="250" height="250" alt="" src="https://www22.a8.net/svt/bgt?aid=161013161294&wid=001&eno=01&mid=s00000014471001008000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+601S1" alt="">

余談≪トリートメントの選び方≫

 いろいろなものがあって、迷いますよね。

製品により、うたっている効果は様々。

迷ったら、使っているシャンプーと同じシリーズのものを。

開発する際には、セットで使うことを前提にしているそう。

他には、頭皮がべたついているようなら、「さらさら」

乾燥していたり毛髪のパサつきが気になるようなら、「しっとり」など選んでみてください。

 

 <a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+639IQ" target="_blank">30代~40代の女性のための頭皮ケアシャンプー</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=2NV2JT+4V1GMQ+33NQ+639IQ" alt="">